スポンジにもシリコーンコーティングは処理可能  No.FB-15

お客様のお困り事
衛生用品メーカー様で様々な購入品のコストを見直し、環境保全に努めるとのお話を頂きました。
問題点
蒲田工業が数多く納入している、スポンジ貼り付け+シリコーンコーティング加工付き広幅タイミングベルトでコスト削減と産業廃棄物を軽減に貢献できないかを検討することになりました。 現状、タイミングベルト自体は見た目の傷みがほとんどありませんでしたが、表面のスポンジやコーティングが破損してしまい新品に交換されていました。

① 使用したベルト本体の残存強度で再利用可能か。
② ベルト本体は再利用し表面を新品同様に再加工することが可能か。
③ 再加工で単価を下げることが可能か。

蒲田工業からのご提案内容
加工付き広幅タイミングベルトをご購入いただいています。購入本数も多く製品単価が高いため、少しでもコストダウンに繋がればとベルト本体の再利用を提案しました。
ポイント
① ご使用済ベルトの残存強度をメーカーで測定してもらいほとんど強度の低下はみられず、あと2~3回の再利用は問題ないことを確認。
② 使用済ベルト本体とスポンジを再加工した品物は、新品同様に仕上がることも確認。
③ 再加工費用は新品と比較して約30%のコストダウンに繋がる。
④ ベルトを再利用することで産業廃棄物を減らすことが可能。

加工前             加工後

穴加工
解決した内容、お客様の声
リサイクルの提案でコストダウンに貢献しただけでなく、環境保全にも繋がりました。
蒲田工業がご提供できる価値
お客様のご要望を的確にとらえ、裏付けを取ってコストダウンに繋げたり、環境への負担を軽減したり、安定操業に繋げたりと多方面のご要望にお答えいたします。
また、1つのご要望に対しお答えするだけではなく付加価値を付けてご提案をさせていただきます。
お問合せ