無電解ニッケル・ボロン

加工技術の詳細
無電解ニッケルめっきにホウ素(ボロン)を含有させためっきです。熱処理なしでもHV700~800の高硬度膜を成膜できます。
更にめっき後300℃で熱処理を行うとことでHV1000前後まで硬度を上げ耐摩耗を向上させることができます。熱処理時の変色がほとんどないことも特長として挙げられます。

無電解ニッケル・ボロン

加工可能サイズ
450×500×1000、1900×1000×10(板状)
処理可能な重量
1t
処理温度
めっき成膜時は90℃以下、めっき後に熱処理行うことで硬度を上げることが可能
優れた特性
食品衛生法適合、RpHS指令対応
耐熱性に優れる。(融点1400℃) 雰囲気温度650℃での使用実績あり
導電性に優れます(電気抵抗 5~10μΩ・cm)
無電解ニッケルめっきの特性と共通し、着き回り性、膜厚の均一性良好です。
此れまでに、ご使用頂いた用途例
電子部品、スプロケット、ヒーターローラー
母材
ほぼすべての金属に対して処理可能
注意点(処理による欠点等)
母材材質や形状によっては前処理を必要とします。その場合処理可能サイズも変わります。
納期(数量、サイズによる異なる)
1週間程度
お問合せ