肉盛再生

加工技術の詳細
母材材質や摩耗の程度にあわせ、種々の肉盛再生技術をお選びいただけます。
主な手法としては、溶射(溶射材としては超硬合金や、自溶性合金、母材同材質など)、溶接(アルミ母材への溶接も可能です)パテ盛り、ライニング補修等があります。
研削、研磨による仕上げ加工まで承ります。

肉盛再生

加工可能サイズ
母材材質、再生方法によりますのでお問い合わせください。
処理可能な重量
母材材質、再生方法によりますのでお問い合わせください。
処理温度
常温での処理(パテ盛り)も可能ですが、溶射、溶接はそれぞれの処理温度となります。
優れた特性
最大の利点は母材の再利用が可能になり、コストを削減できることです。
再生方法によっては補修対象部品を取り外すことなく、現場で処理できます。
超硬合金溶射等を適用することで、再生前よりも耐摩耗性を向上させることも可能です。
此れまでに、ご使用頂いた用途例
ポンプケーシング、アルミ金型、シャフト軸受、ゴムライニングロール、シュート、タンク内壁
母材
鉄系、SUS径、アルミ系
注意点(処理による欠点等)
母材材質の情報が少ないと最適な処理の選定が困難です。ライニング補修も同様です。
お問合せ