超硬合金肉盛

加工技術の詳細
2種類の超硬合金(タングステンカーバイド)を肉盛溶接し、砕石や、掘削など過酷な使用条件下で連続稼働する部位にご使用いただける、耐摩耗性に特化した表面処理技術です。
長寿命化によるメンテナンスコストの削減や、今まで廃棄されていた母材のリユースを可能にします。予め溶接肉盛したプレート材、アングル材もご用意しています。(溶接で取付けて使用します)

超硬金属肉盛溶接

優れた特性
肉盛は6㎜厚まで溶接可能です。既に摩耗してしまった部品を再生、再利用することも可能です。耐摩耗鋼やクロム系肉盛材に比べても更に高い耐摩耗性を有しています。
此れまでに、ご使用頂いた用途例
粉砕機、掘削機、砕石搬送プレート、パワーショベルバケット、ブルドーザーブレード、スクリュー
施工事例はこちらをご覧ください
母材
軟鋼
注意点
粒子サイズが大きく、ざらついた仕上げになります。
納期(数量、サイズによる異なる)
1ケ月
お問合せ