鉄系アモルファス合金溶射

加工技術の詳細
アモルファス金属というのは特定の結晶構造を持つ一般の金属と違い、元素の配列に規則性がない非晶質という構造を持つ金属です。
アモルファス金属は、強靭性、耐食性に優れ、強度と粘りを両立させることができます。アモルファス合金の成膜には超急冷をし必要とし、非常に複雑で大掛かりな専用装置が必須であるとされていました。
しかし近年、溶射による成膜技法が開発されコスト面においても実用性の高い皮膜が成膜でいるようになりました。
▼ 鉄系アモルファス合金溶射イメージ
鉄系アモルファス合金溶射
鉄系アモルファス合金溶射
加工可能サイズ
ロール、パイプ状外面約2500L程度まで。板上の場合1500×2000程度
溶射手法によ手はさらに大型の製品に処理できる場合もあります。
ほぼ全ての金属に対して処理可能ですが、HRCは62以下(母材が硬すぎると、下地処理ができないため)
処理可能な重量
1.5tまで
処理温度
250℃以下。溶射処理時の表面温度は瞬間的に180℃~220℃になります。
優れた特性
耐食性
厚い不動態皮膜を作りやすく優れた耐食性、防錆性能を持たせることができます。
高硬度、耐摩耗性
溶射方法によってはHV800前後の高硬度皮膜が得られます。また100μm以上の厚膜形成も可能です。
滑り止め、グリップ力向上
溶射によって鋭いエッジを持つ表面凹凸が得られます。この表面が母材に食い込むことで(スパイク効果)滑り止め効果発揮します。溶射に方向性はないので、全方向に対してグリップ力向上させることができます。多少の油分、水分があっても膜の発生を防ぎますので、効果が低下しにくい特性があります。
此れまでに、ご使用頂いた用途例
耐食性
自動車用マフラー、サイレンサー、煙突
滑り止め・グリップ力
パイプ用チャック部品、ストッパー部品、橋梁プレート
母材
ほぼ全ての金属に対して処理可能ですが、HRCは62以下(母材が硬すぎると、下地処理ができないため)
注意点
下地処理として行うショットブラストによって変形や反りが発生することがあります。
パイプの内面側などは内径が小さいと施工が困難です。
納期
約3週間程度
表面処理技術・サンプルピース製作
ご相談・お問い合せはメールフォームで承ります。
お客様のお困り事を詳しくお聞かせください。
表面処理技術の専門家が、丁寧に回答させていただきます。
お問合わせメールフォーム
ファイル送信をご希望の方はこちらへ

多くのお問い合せをいただいているため、ご返答までお時間を要する場合がございます。 何卒、ご了承頂ますようお願いいたします。

お電話でのお問い合せは、受付けのみとさせていただいております。
お客様のご連絡先をお聞きし、後ほど担当者からご連絡いたします。
お電話受付け
tel:0545-63-1235