FRPライニング

加工技術の詳細
繊維強化プラスチック(Fiber Reinforced Plastics)をライニングする技術です。
FRP製のタンクや配管を補修するだけでなく、コンクリートやモルタルの腐食対策としても用いられます。母材表面を洗浄、目荒らしした上で、ガラスマットをのせ、エポキシ系などの液状樹脂を含浸させていくハンドレイアップ工法が中心です。大型函体の内面コーティングなどには、樹脂に繊維をあらかじめ混入させた上でスプレーガンを用いコーティングするフレークライニング工法を用いることもあります。

FRPライニング

加工可能サイズ
サイズの制約はほとんどありません。精密加工には不向きです。
処理温度
常温での施工となります。
優れた特性
耐薬品性、耐蝕性、耐水性に優れる。
成形の自由度が高く、型による成形の可能
軽量でありながら非常に高い強度を持つ。
此れまでに、ご使用頂いた用途例
タンク補修、配管、バルブ、接続部漏洩対策、コンクリートピット補修、ダクト、モルタルベース補修
施工事例はこちらをご覧ください
母材
多くの材質に処理可能です。コーティング後更に特殊塗装を施す事でより耐蝕性を高めることもできます。
注意点
含浸に用いる樹脂類にはVOCが含まれており、強い臭気があります。
表面処理技術・サンプルピース製作
ご相談・お問い合せはメールフォームで承ります。
お客様のお困り事を詳しくお聞かせください。
表面処理技術の専門家が、丁寧に回答させていただきます。
お問合わせメールフォーム
ファイル送信をご希望の方はこちらへ

多くのお問い合せをいただいているため、ご返答までお時間を要する場合がございます。 何卒、ご了承頂ますようお願いいたします。

お電話でのお問い合せは、受付けのみとさせていただいております。
お客様のご連絡先をお聞きし、後ほど担当者からご連絡いたします。
お電話受付け
tel:0545-63-1235