【複合表面処理】滑り性向上。樹脂チューブと治具の貼りつきを防止

お客様のお困り事
樹脂チューブに挿入された治具が貼り付いて抜けにくいことにお困りでした。
製造工程の詳細
・樹脂チューブに加熱した治具を挿入
・樹脂チューブが変形(製品完成)
・治具が抜けない問題が発生。→ 生産効率の悪化に繋がる
〈イメージ〉
貼りつきを防止
課題
1.完成品(樹脂チューブ)には精密な寸法が求められる
2.治具が抜けやすいよう表面処理を施す必要がある
3.治具は高温ヒーター(240℃)で加熱されるため耐熱性が求められる
蒲田工業からのご提案内容
精密な寸法と耐熱性の両方を実現できる【複合表面処理】を新たに開発しました。
・マイクロディンプル処理:微細な凹凸をつけ、かつ表面硬度もあがる滑り性や離型性がある表面処理加工。
・重合反応薄膜フッ素系コーティング:滑り性が高い表面処理種類。
これらを組合せることで、以下の性能を実現できました。
・高い寸法精度(±0.05公差内)
・優れた滑り性と非粘着性(離型性)
・耐熱性(240℃)
・小さい摺動抵抗(点接点)
採用に至るまでの流れ
1.様々な表面処理種類を検討しました。
しかし1種類の表面処理だけでは、お客様のお困り事を解決できそうにありませんでした。
2.複合処理(複数の表面処理種類を組合せる)を検討しました。
テストピースを作成し、性能試験を繰り返しました。
3.最終的に、マイクロディンプル処理+重合反応薄膜フッ素系コーティングの複合表面処理が採用されました。
蒲田工業がご提供できる価値
数ある表面処理やコーティングの中から、お客様の問題点やお困りごとを解決できる最適な表面処理技術のご提案をさせていただきます。
さらに、複数の表面処理を組合せる【複合処理】を導入し、高度な課題も解決可能です。
また、各技術のメリット、デメリット、向き不向きなどを詳細にご説明できます。
どうぞお気軽にご相談ください。
表面処理技術・サンプルピース製作
ご相談・お問い合せはメールフォームで承ります。
お客様のお困り事を詳しくお聞かせください。
表面処理技術の専門家が、丁寧に回答させていただきます。
お問合わせメールフォーム
ファイル送信をご希望の方はこちらへ

多くのお問い合せをいただいているため、ご返答までお時間を要する場合がございます。 何卒、ご了承頂ますようお願いいたします。

お電話でのご相談は、担当者の携帯電話へご連絡をお願いいたします。
(担当者が不在時には、折返しご連絡いたします。
ご迷惑をおかけいたしますが、ご協力いただきますようお願いいたします。)
お電話受付け
tel:080-3419-9229