セラミックチップライニングによるポンプ内面耐摩耗対策  No.HB-10

お客様のお困り事
製鉄所様で安水(アンモニア水)を送るSUS316L製の海外製特殊ポンプを使用されていました。高圧で送るため圧送時に発生するエロージョン、コロージョン(注1)により、摩耗が激しく3ヶ月程度しかもちませんでした。
問題点
① 安水(アンモニア水)の輸送により摩耗が激しい。
② 外国製の特殊ポンプで、ケーシングの方が回るためケーシングの摩耗がひどく穴が開く。
③ 外国製のため価格も高く、また部品の価格も高い上に納期もかかる。
④ 3ヵ月で交換しなければいけない
蒲田工業からのご提案内容
ポンプのケーシング部にセラミックチップ(アルミナセラミック)を貼り付ける事で寿命延長を提案。
ポイント
① セラミックの耐摩耗性、耐薬品性による寿命延長を図る。
② セラミックが摩耗したら、再度、ライニングを補修する事でポンプケーシングの再利用が可能。
セラミックチップ
解決した内容、お客様の声
3ヶ月で交換されていたポンプが、セラミックチップを張る事で約3倍・9ヶ月もつようになりました。セラミックが摩耗してきた場合にはチップの張替えを繰り返す事により、ポンプ本体は繰り返し使用することができます。
ご使用されていたポンプは海外製の為、本体一式や部品が高価で納期もかかっていたところ、セラミックチップライニングを行うことで、短納期しかも本体の再利用が可能となり大きなメリットが出て喜ばれています。
蒲田工業がご提供できる価値
蒲田工業では、長年にわたるセラミック製品、セラミックライニングの豊富な知識、経験、実績があります。
金型による成形品の製作から、チップを貼るセラミックチップライニング、パテによるセラミックパテライニングを自社で設計・施工を行い、多くのお客様に喜んでいただいています。また場合によっては、現地施工、現地補修も行なっております。
摩耗対策、絶縁対策、腐食対策などお困りごとがありましたら是非お問い合わせ下さい。必ずお役に立てると確信しております。
お問合せ