フィルム搬送ラインに最適!ブラストロン処理で滑らか搬送  No.D-11

お客様のお困り事
フイルム搬送ラインにて、搬送中に製品と装置部品の摩擦が生じ製品に傷をつけていました。搬送の流れがスムーズにいかないため改善する必要がありました。
問題点
① フイルムがうまく滑らなければならない。
② フイルムへ傷をつけてはいけない。
③ 摩耗に強くなければならない(耐久性)。
※ フッ素コートなどの手段もあるが、耐久性に難あり。
蒲田工業からのご提案内容
滑り性と耐摩耗性に優れ、且つ相手材に優しいブラストロンコーティングをご提案。
ポイント
① 表面が細かなR状のザラつきを形成するため、搬送物との接触面積低減にて滑り性向上。
② ザラつきの各突起がR状の為、柔らかい搬送物にも傷をつけにくい。6種類の粗さから選択可能。
③ めっき成分自体はHV1200程度の硬さを持つため耐摩耗性に優れている=高耐久性。
ブラストロン

解決した内容、お客様の声
フイルム製品を傷つけずスムーズに搬送できるようになりました。
「大変良い。フイルムへの傷もなく滑らかな搬送ができるようになった。今後も関連部品にどんどん展開していきたい。」との事です。
蒲田工業がご提供できる価値
蒲田工業では皆様の現場で生じる「滑らせたい」、「摩耗に強くしたい」、「くっ付かないようにしたい」などに代表される、様々な素材表面の問題に対し、めっき・樹脂コート・ゴムライニング・素材変更など様々角度から最適なご提案を致します。
お問合せ