ホッパーの付着対策にZ-1ライナー  No.MB-30

お客様のお困り事
粉体搬送ラインでの事例です。
ホッパーの内面に粉が居着き、ブリッジを起こしてしまうという課題に対して、超高分子ポリエチレンライニング材である「Z-1ライナー」を従来から採用されていましたが、施工の仕上がりに不満をお持ちでした。
問題点
① 「Z-1ライナー」自体の性能には満足されている。
② ホッパーの四隅や突合せ部の仕上がりが良くない。目地の量が多く、ここから付着が発生してしまう。
超高分子PEライニング
超高分子PEライニング
蒲田工業からのご提案内容
母材をお預かりし、豊富な実績を持つ専門のライニング工場での施工を提案しました。
Z-1ライナーは専用のボンドを用いて接着固定します。適切な下地処理、突合せ部の厳密な精度管理が仕上がりを左右します。現場で誰でも簡単にライニングできるという点がZ-1ライナーの特長ではありますが、今回のように高いレベルの仕上がりを求められる際には、高い技術力が要求されます。
ポイント
① 突合せ部の隙間はほぼ0に仕上げることができました。
② 母材(ホッパー)をお預かりしての施工となります。
超高分子PEライニング
※Z-1ライナーは摩擦係数が低く耐摩耗性にも優れる超高分子量ポリエチレン(UHMW-PE)と特殊ゴムを一体成型した高性能ライニング材です。
解決した内容、お客様の声
「従来とは仕上がりのレベルが段違いに素晴らしい」との評価を頂くことができました。
蒲田工業がご提供できる価値
蒲田工業では皆様の現場で生じる「滑らせたい」、「摩耗に強くしたい」、「くっ付かないようにしたい」などに代表される、様々な素材表面の問題に対し、めっき・樹脂コート・ゴムライニング・素材変更など様々な角度から最適なご提案を致します。
お問合せ