密着性

密着性の紹介
高い耐摩耗性を実現するためには、硬度と共に母材、基材への密着性が確保されているかが重要です。
成膜方法によって密着性には大きな違いができます。
電気的な結合をしているのか、化学的に結合しているのか、物理的に形成されているのか、使用する条件に適した成膜方法を選定することが鍵になります。
また、高温下で使用する際には、母材との表面処理との線膨張係数の差を考慮に入れる必要があります。
熱膨張、熱収縮により剥離する事のないよう、追随性の高い表面処理を選定しなければなりません。
お勧め加工技術
表面処理技術・サンプルピース製作
ご相談・お問い合せはメールフォームで承ります。
お客様のお困り事を詳しくお聞かせください。
表面処理技術の専門家が、丁寧に回答させていただきます。
お問合わせメールフォーム
ファイル送信をご希望の方はこちらへ

多くのお問い合せをいただいているため、ご返答までお時間を要する場合がございます。 何卒、ご了承頂ますようお願いいたします。

新型コロナウイルス感染症の拡大防止策として、テレワークを実施しています。
そのため、お電話でのご相談は、担当者の携帯電話へご連絡をお願いいたします。
(担当者が不在時には、折返しご連絡いたします。
ご迷惑をおかけいたしますが、ご協力頂ますようお願いいたします。)
お電話受付け
tel:080-3419-9229