寸法精度

寸法精度の紹介
PVDやCVDなどの蒸着系皮膜、フッ素樹脂コーティングやゴムライニングなどの多くは成膜時に高い処理温度を必要とします。
また一部のめっきは成膜後、熱処理を行うことで優れた特性を発揮します。処理温度によっては母材の変形や、変色、劣化などを招く恐れがあるので注意が必要です。
また、下地処理としてブラスト加工を必要とする表面処理を薄板に行う場合、反りの発生を予め考慮する必要があります。
表面処理後、精密研磨や研削を行うことで高い寸法精度を実現する技術や、薄膜で処理することで母材寸法からの変化を最小限に抑える技術があります。
お勧め加工技術
ダイクロン  
無電解ニッケルめっき  
DLC
仕上げ加工を要するもの:
超硬金属溶射  
セラミック溶射  
PEEKコーティング
寸法精度施工事例の紹介
超硬金属溶射
摩耗したポンプ内面を超硬金属溶射で肉盛再生 No.HB-33
フッ素樹脂コーティング
フッ素樹脂コーティングでは仕上げ色も選べます No.HB-27
自溶性合金溶射
自溶性合金溶射で摩耗したシャフト軸受部を肉盛再生 No.FB-32
ブラストロンコーティング
ブラストロンでアルミフィルムに傷をつけず優しく搬送 No.D-7
肉盛再生
低温溶接を用いて肉盛再生、現場施工でプレス治具補修 No.AB-9
熱を掛けられない製品をチタニウムパテで肉盛再生 No.AB-24
ダイモール
ダイモールで射出成形金型の離型性向上 No.D-3
お問合せ