耐摩耗性

耐摩耗性の紹介
表面処理による解決が求められる最も多い課題が耐摩耗性の向上です。
耐摩耗性は単純に表面硬度を上げるだけでは解決できません。処理対象の母材、基材との密着性や、摩耗の原因となる搬送物や接触物との適切な硬度差、雰囲気温度など使用環境、それらの条件を考慮した上で、最適な表面処理方法を選定する必要があります。
また選定によってはオーバースペックになってしまい、無駄なコスト増に繋がることもありますので注意が必要です。最適な処理方法を必要な厚みに処理することで、長寿命化、交換コストの削減を実現します。
お勧め加工技術
各技術耐摩耗に関する性能比較
各技術の耐摩耗性について、低いレベルから高いレベルまで表示されています。ニーズに合う表面処理を選ぶことができます。
耐摩耗に関する選定の手引き
耐摩耗性施工事例の紹介
ダイクロンコーティング
ダイクロン処理で流体摩耗(エロージョン)対策 No.D-2
空気輸送配管内面へのダイクロン処理 No.D-4
アルミ製シーブの摩耗対策にダイクロン No.D-9
セラミックチップライニング
セラミックチップライニングによるポンプ内面耐摩耗対策 No.HB-10
超硬金属溶射
バルブ内面への超硬金属溶射で耐久性向上 No.AB-16
シールリングに超硬金属溶射で耐摩耗対策 No.HB-22
摩耗したポンプ内面を超硬金属溶射で肉盛再生 No.HB-33
自溶性合金溶射
自溶性合金溶射で摩耗したシャフト軸受部を肉盛再生 No.FB-32
ブラストロンコーティング
ブラストロン処理で滑り性と耐摩耗性の両立 No.D-1
ブラストロン処理で三角板をメンテナンスフリーに No.D-5
超硬合金肉盛
超硬肉盛溶接でスクリューを再生、過酷な使用条件で真価を発揮 No.MB-14
セラミックコーティング
滑り搬送ラインへのセラミックコーティングで耐摩耗 No.AB-31
表面処理技術・サンプルピース製作
ご相談・お問い合せはメールフォームで承ります。
お客様のお困り事を詳しくお聞かせください。
表面処理技術の専門家が、丁寧に回答させていただきます。
お問合わせメールフォーム
ファイル送信をご希望の方はこちらへ

多くのお問い合せをいただいているため、ご返答までお時間を要する場合がございます。 何卒、ご了承頂ますようお願いいたします。

お電話でのお問い合せは、受付けのみとさせていただいております。
お客様のご連絡先をお聞きし、後ほど担当者からご連絡いたします。
お電話受付け
tel:0545-63-1235