耐熱性

耐摩耗性の紹介
一口に耐熱性と言っても、要求される温度域は様々です。
それぞれの温度により適した表面処理は異なります。熱のかかり方にも注意が必要です。
ゆっくり加熱、冷却される場合には耐えられても、急熱、急冷といった熱衝撃がかかる場合には密着性が低下し表面処理が剥離したり、亀裂が入ったりすることもありますので、慎重な選定が求められます。
反対に耐熱温度はさほど高くなくても、瞬間的、局所的な高熱には十分耐えられる表面処理技術もあります。
お勧め加工技術
各技術耐熱性に関する性能比較
各技術の耐熱性について、低いレベルから高いレベルまで表示されています。ニーズに合う表面処理を選ぶことができます。
耐熱性施工事例の紹介
ダイクロンコーティング
ダイクロン処理で流体摩耗(エロージョン)対策 No.D-2
フッ素樹脂コーティング
フッ素樹脂コーティングでは仕上げ色も選べます No.HB-27
セラミックコーティング
滑り搬送ラインへのセラミックコーティングで耐摩耗 No.AB-31
お問合せ