耐衝撃性

耐衝撃性の紹介
耐摩耗性を求め、硬度の高い表面処理を使用する場合、耐衝撃性を考慮する必要があります。
セラミック溶射や金属系めっきの場合、一般的に衝撃には弱い特性を持っています。
切断刃が当たるベースプレートやプレス工程に使用する場合は、採用する表面処理が靱性や弾性を持っているかを考慮しなくてはなりません。
またゴムライニングや樹脂ライニングを採用する場合は引き裂き強度も選定条件に加える必要があります。
お勧め加工技術
表面処理技術・サンプルピース製作
ご相談・お問い合せはメールフォームで承ります。
お客様のお困り事を詳しくお聞かせください。
表面処理技術の専門家が、丁寧に回答させていただきます。
お問合わせメールフォーム
ファイル送信をご希望の方はこちらへ

多くのお問い合せをいただいているため、ご返答までお時間を要する場合がございます。 何卒、ご了承頂ますようお願いいたします。

新型コロナウイルス感染症の拡大防止策として、テレワークを実施しています。
そのため、お電話でのご相談は、担当者の携帯電話へご連絡をお願いいたします。
(担当者が不在時には、折返しご連絡いたします。
ご迷惑をおかけいたしますが、ご協力頂ますようお願いいたします。)
お電話受付け
tel:080-3419-9229