非粘着性

非粘着性の紹介
付着する対象物により十分な非粘着性を発揮できるか否かは異なります。
粉体の場合と液体、ゲル状それぞれに適した表面処理技術があります。選定にあたっては事前にサンプルピースでのテストを十分行うことが求められます。
また完全な非粘着性、離型性が求められているのか、ある程度拭き取りなどの外的作用を前提として良いのか、表面の平滑性が必要か否か、使用する場面や条件を把握した上で選定しなければなりません。
お勧め加工技術
各技術非粘着性に関する性能比較
各技術の非粘着性について、低いレベルから高いレベルまで表示されています。ニーズに合う表面処理を選ぶことができます。
非粘着性に関する選定の手引き
耐摩耗性施工事例の紹介
非粘着樹脂コーティング
ノンスティックコーティングによるホットメルト付着対策 No.MB-3
ノンスティックコーティングでふりかけ居着き(付着)を解消 No.HB-20
ブラストロンコーティング
ブラストロン処理で三角板をメンテナンスフリーに No.D-5
エラストマー射出成形品の離形性向上にブラストロン処理 No.D-6
食品衛生法にも適合!ブラストロン処理で付着防止対策 No.D-10
ダイモール
ダイモールで射出成形金型の離型性向上 No.D-3
フッ素樹脂熱収縮チューブ
ロールへのフッ素樹脂チューブライニングによる付着対策 No.FB-4
フッ素樹脂コーティング
フッ素樹脂コーティングでは耐摩耗グレードも選べます No.AB-12
超高分子PEライニング
付着対策としてトラック荷台に超高分子ポリエチレンを現地施工 No.HB-25
摩耗対策として振動コンベアにポリエチレンライニングを現地施工 No.AB-17
お問合せ