セラミック配合フッ素樹脂コーティング

加工技術の詳細
フッ素樹脂コーティングの大きな欠点である耐摩耗性の低さを克服した表面処理です。微細化したセラミックパウダーをフッ素樹脂に配合してコーティングします。汎用のフッ素樹脂コーティングが鉛筆硬度でF~H程度なのに対し6H~9Hの高硬度皮膜となり、3~5倍の耐摩耗性能を有します。
加工可能サイズ
2000*2000*4000 ㎜
処理温度
380℃
優れた特性
耐摩耗性、耐久性が高く、表面の平滑性にも優れています。連続使用温度は260℃です。含有されたセラミックの効果で熱伝導にも優れています。
此れまでに、ご使用頂いた用途例
食品製造シュート、ホッパー、攪拌工程部品。菓子型、オーブン天板
母材
フッ素樹脂コーティングに準じます。鉄、ステンレス、アルミなどに処理できます。
注意点
下地処理としてブラストし、焼成も行うので3㎜以下の板厚の母材では反りや歪みが発生する可能性があります。ステンレスは非処理面が変色(酸化黄変します)
納期(数量、サイズにより異なる)
10日程度
お問合せ