ダイクロンコーティング

加工技術の詳細
① 硬質炭化クロムめっきで、国内で唯一の安定した加工技術を提供できるメーカーの千代田第一工業製です。
② 硬質クロムめっきとは全く違う触媒を使用した電解処理技術です。
③ 六価クロムの残留は検出されません、*RoHS指令*対応・食品衛生法(厚生省告示第370号)準拠しています。
 * RoHS指令…電気電子機器に含まれる特定有害物質の使用制限に関する指令。
特定有害物質(鉛、水銀、カドミウム、六価クロム、PBB、PBDEの6物質)

④ 殆どの金属素材に処理加工可能です。
* ただし、チタン・超硬金属・窒化処理或いは、表面処理をしたものは加工不可です。
ダイクロン
加工可能サイズ
処理槽のサイズは1000Wx1000Hx3000Lです。この範囲内での処理になります。
但し形状によっては複数回の処理により槽より大きなものを処理することも可能です。
(形状によってお打合せが必要です。お問合せください。)
処理可能な重量
200kg以下になります。
アルミ系、銅系素材は前処理が必要なため、処理サイズは異なります。
・板形状 ・・・ 250w×100L×700H(重量40kgまで)
・ロール形状 ・・・ φ200x750L(重量20kgまで)
処理温度
60℃以下
優れた特性
耐摩耗性が良い
ダイクロンは硬度がビッカース硬度HV1000前後と、通常の硬質クロムめっきのMax HV900前後よりもさらに硬く、摩擦係数も非常に小さい(硬質クロムめっきの約5分の1)ため、耐摩耗性があります。
* 相手材の摩耗低減効果もあります。
素材との密着性が強い

ダイクロン

処理材が剥離し、脱落してしまう現象は起こりにくくなり、長寿命に繫がります。
また、処理中に水素を殆ど発生させないためにクラックを抑える事ができます。これも剥離・脱落を減少させ長寿命に繫がります。  
* セラミック・金属溶射、硬質クロムめっきでは不可能な、処理後の曲げに対しても目に見えるクラック発生や脱落がほとんどありません。 但し、数十回を超えるような繰返しの曲げでは影響を受けます。
耐熱性が良い
非金属元素を素材に浸透拡散させコーティング層を電気的に析出させるため、急熱・急冷によるヒートショックにも優れた性能があり、処理材は400℃の温度でも硬度HV800を維持しますので、高温でのご使用も性能をほとんど下げません。
* 焼付きが生じにくい特性もあります。
表面の寸法精度高めることが可能
硬質クロムめっきに比較して、冶具等の工夫により膜厚むらが少なく仕上がります。高硬度のため、下地処理の状況に依存しますが、鏡面(鏡の様なツルツルな面)仕上げも可能です。研磨・研削の後加工も可能です。
耐エロージョン性・耐キャビテーション性が良い
耐エロージョン性:流体が材料に繰返し衝突し損傷する
耐キャビテーション:流体に気泡を発生させそれによる材料破壊現象
硬質クロムめっきと比較し、2倍近く寿命が延長すること(条件により多少変わります)もあります。
此れまでに、ご使用頂いた用途例
耐摩耗性用途
シャフト、粉体輸送用ベント管、破砕ロール表面・シャフト軸受部、駆動ベルト(V・タイミング)用プーリ、搬送ライン用ガイド・テーブル、刃物(片歯)、電線・繊維用ガイド・ガイドロール、チェーンレール、製薬・医薬・食品の原料・製品用タンク・ホッパー・シュート(異物混入防止の目的も兼ねて)
耐エロージョン性用途
ポンプ軸受けスリーブ・インペラー(回転羽根)・ケーシング(本体部)、攪拌機接液する回転部
耐熱性(耐焼付き性)用途
高速・高温・高圧環境下でのシャフト・ピストン摺動部
ダイクロンの施工事例はこちらをご覧ください
母材
鉄系、SUS系全般(鋳物にも処理可能)、アルミ系、銅系にも処理可能です。
注意点
量産製品の部品等、ご発注ロットが多いもの(1000個以上)は設備上対応が取れません。
処理の膜厚によっては、下地の表面粗度の影響を受けます。表面粗度が必要な場合は下地処理のご相談をお願いします。
納期(数量、サイズにより異なる)
2週間程度(ただし再処理の場合は短縮可能)
お問合せ