フッ素樹脂コーティング

加工技術の詳細
耐薬品性、耐熱性、非粘着性、滑り性、電気絶縁性などの優れた特長を持つフッ素樹脂をコーティングする技術です。用途、目的により汎用的なPTFE以外にもPFAやETFE,FEPなどをお選びいただけます。
焼成炉での焼付により成膜するコーティング方法以外にも、低温硬化、常温での処理も一部可能です。

フッ素樹脂コーティング

バイセラム
フッ素樹脂単体をコーティングするだけでなく、微細化したセラミック粒子を含有させることで耐摩耗性を向上させたり、金属めっきと組み合わせるなど複合処理も行っています。
加工可能サイズ
成膜する膜種、成膜方法により施工可能なサイズが変わります。ご相談ください。
最も大きな焼成炉のサイズは4000W×4000H×10000L(世界最大級)
処理可能な重量
成膜する膜種、成膜方法により施工可能なサイズが変わります。ご相談ください。
処理温度
焼成温度は膜種によりますが280℃~435℃です。
低温硬化タイプは常温~200℃。
優れた特性
酸、アルカリ全ての薬品に対して優れた耐性を持っています。
氷に次いで、地球上の物質で最も低い表面摩擦係数であり、滑り性に優れます。
非粘着性、絶縁性、耐熱性にも優れています。
此れまでに、ご使用頂いた用途例
スライドレール、搬送テーブル、薬液タンク、ホッパー、シュート、
フライパン、業務用炊飯釜、食品用金型、Oリング
施工事例はこちらをご覧ください
母材
金属、セラミック、ガラス以外にも、低温焼成、常温成膜タイプではゴムや各種プラスチックにも処理が可能です。
注意点
焼付を行う場合、高温での焼成となりますので、熱変形の恐れがあります。また密着力を高めるために下地処理として空焼き、ブラスト処理を行います。変色、変形の恐れがあります。耐摩耗性は一般的に低いので連続的に摺動荷重が掛かる個所へは不適です。
お問合せ