フッ素樹脂熱収縮チューブ

加工技術の詳細
① フッ素樹脂製のチューブを約400℃の熱風で収縮させライニング(被覆)する技術です。
② 金属ロールだけでなく、ゴムや樹脂がライニングされたロールにも処理可能です。ただし、収縮加工時の熱により母材表面が影響を受ける可能性があります。
③ 現場施工も可能です。大型ロールの場合はクレーンなどでの吊り上げを必要とします。
④ 素材と共に伸縮を必要とする場合などには、ライニング時に特殊技術を用いることで母材とチューブを接着する事も可能です。
⑤ チューブ厚は0.5mmと1.5mmの2種類があります。用途、寿命を考慮して選定いただけます。
⑥ サイズは限定されますが、導電性のチューブをライニングする事も可能です。標準仕様品は非導電性となります。

優れた特性
剥離(非粘着)性
特に優れています。完全非粘着ではありませんが、剥離性は良好で付着は付着物を簡単に拭き取る事ができます。
耐食性
強酸、強アルカリや溶剤に侵されません。
滑り性
摩擦係数が低く、他のフッ素樹脂処理材と同様に非常に優れています。
耐熱性
180℃まで連続使用可能です。
此れまでに、ご使用頂いた用途例
剥離(非粘着)性
耐食性用途
製紙機械の*コーターロール、**サイズロール、コーター用***エキスパンダーロール、ペーパーロール他
剥離(非粘着)性用途
製紙機械のペーパーロール、樹脂シートが固まる直前の搬送用ロール他
滑り性用途
製品搬送ライン部品等
耐食性・耐熱性
薬品貯蔵タンク内の接液する部品
フッ素樹脂チューブライニング(被覆)の施工事例はこちらをご覧ください。
注意点
ご使用温度が80℃を超えてしまう場合は、母材との密着力が落ち、チューブがずれる事があります。対策として、チューブの両端をフランジ等で機械的に止めなければならない場合がありますので、ご相談下さい。
母材表面の凹凸が、ライニング加工後の表面仕上がりに反映してしまいます、ご注意下さい。
表面に凹凸が無い仕上がりをご希望の場合は、ご支給いただく際に付着物や錆などをできる限り除去していただきます様にお願いします。
納期
2週間
用語解説
*コーターロール
紙の表面に樹脂などを塗布する為のロール
**サイズロール
印刷に適した紙にする為、表面に薬品を塗るロール
***エキスパンダーロール
紙やフィルムのしわを出しにくくするロール
表面処理技術・サンプルピース製作
ご相談・お問い合せはメールフォームで承ります。
お客様のお困り事を詳しくお聞かせください。
表面処理技術の専門家が、丁寧に回答させていただきます。
お問合わせメールフォーム
ファイル送信をご希望の方はこちらへ

多くのお問い合せをいただいているため、ご返答までお時間を要する場合がございます。 何卒、ご了承頂ますようお願いいたします。

お電話でのお問い合せは、受付けのみとさせていただいております。
お客様のご連絡先をお聞きし、後ほど担当者からご連絡いたします。
お電話受付け
tel:0545-63-1235