フッ素複合無電解ニッケルめっき

加工技術の詳細
無電解ニッケルめっきの皮膜中にフッ素樹脂(PTFE)の微粒子を分散共析させる技術です。
フッ素樹脂の特性である離型性撥水性滑り性と無電解ニッケルめっきの耐摩耗性を併せ持っています撥水性が高く、表面に残留する量も減らせるので、耐薬品性も向上します。

フッ素樹脂複合無電解ニッケルめっき

加工可能サイズ
450×500×1000、1900×1000×10(板状)
処理可能な重量
1t
処理温度
めっき成膜時は90℃以下、めっき後に熱処理行うことで硬度を上げることが可能
優れた特性
めっき表面だけでなく、成膜されためっき皮膜全体にフッ素樹脂が均一に分散しているため、撥水性などが長期に渡り安定して発揮されます。
金属めっきが主体となるため、フッ素樹脂のコーティングと比べ、高い耐摩耗性を持ちます。
高い滑り性を活かし、潤滑油が使用できない箇所で使われることもあります。
熱伝導率を低下させにくい特性を活かし、冷却成形を行う金型の離形性対策にも有効です。
此れまでに、ご使用頂いた用途例
ギア、スプロケット、反応槽、ポンプ部品、成形金型、押出し成形用ダイ
母材
ほとんどの金属に対して処理可能です。特別な前処理を行うことで樹脂やセラミック、ガラスなどにも処理できます。
注意点
絶対的な滑り性はフッ素樹脂コーティングに劣ります。無潤滑で使用できる条件には限りがあります。
お問合せ