着色アルマイト

加工技術の詳細
アルマイト(陽極酸化)皮膜に形成される孔(ポアー)に染料を浸透させ着色する技術です。装飾部品などに使用されます。一般アルマイトに処理することが主流ですが、硬質アルマイトに着色する技術(タフカラ-・30)もあります。タフカラー・30は三和メッキ工業株式会社の特許技術です。
着色しないアルマイト(銀色)は白アルマイト
と呼ばれることがあります。
加工可能サイズ
700*700*4000 ㎜
処理温度
使用する薬液によって異なりますが0~25℃が一般的です。
優れた特性
様々な色に着色でき、発色も鮮やかです。装飾部品などに多く使用されます。
此れまでに、ご使用頂いた用途例
自動車部品、光学部品、外装部品
施工事例はこちらをご覧ください
母材
A1000~7000、アルミ合金
注意点
一般アルマイトに着色した仕様は使用条件によって脱色してしまうことがあります。特に黒は熱や紫外線などの影響で脱色してしまうことがあります。赤、青、緑など様々な色がお選びいただけますが、白色には仕上げられません。
納期(数量、サイズにより異なる)
1週間程度
お問合せ