硬質アルマイト

加工技術の詳細
標準的なアルマイト(陽極酸化)処理に比べ低温の槽で処理を行いHv400程度の硬い皮膜を得る技術です。膜厚も標準アルマイトが5~25μm程度に対し、50~100μmと厚膜になります。皮膜自体は通電しない絶縁性を有します。
加工可能サイズ
900*4000*4500 ㎜
優れた特性
一般アルマイトに比べ耐蝕性や耐摩耗性が向上します。硬度はHv350~450程度になります。一般アルマイトでは封孔処理を行って耐蝕性を持たせますが、硬質アルマイトは通常封孔処理は行いません。
※封孔処理 アルマイト成膜後、高温水蒸気や沸騰水を使用し皮膜性能を上げる後処理のこと。
此れまでに、ご使用頂いた用途例
ガイド部品、半導体製造装置部品、ベースプレート、チャンバー
母材
A5000系、6000系が適しています。ダイキャスト品は皮膜が生成し難いので注意が必要です。
注意点
アルマイト皮膜は、アルミ母材を浸食(改質)しながら成長します。そのため膜厚と寸法増加率が異なります。
納期(数量、サイズにより異なる)
1週間程度
お問い合わせ
こちらの製品について弊社が取り扱っていないので、お手数をおかけしますがメーカーのホームページよりお問い合わせください。
メーカーのホームページ:https://www.sanwa-p.co.jp/
表面処理技術・サンプルピース製作
ご相談・お問い合せはメールフォームで承ります。
お客様のお困り事を詳しくお聞かせください。
表面処理技術の専門家が、丁寧に回答させていただきます。
お問合わせメールフォーム
ファイル送信をご希望の方はこちらへ

多くのお問い合せをいただいているため、ご返答までお時間を要する場合がございます。 何卒、ご了承頂ますようお願いいたします。

お電話でのお問い合せは、受付けのみとさせていただいております。
お客様のご連絡先をお聞きし、後ほど担当者からご連絡いたします。
お電話受付け
tel:0545-63-1235