超硬金属溶射

加工技術の詳細
高速フレーム溶射ガンを用いて、超硬合金(タングステンカーバイド)粉末を音速を超える速度で基材に衝突させて成膜する技術です。
溶射材には、他にセラミックや自溶性合金などがありますが、超硬金属溶射は特に耐摩耗性密着性に優れており、厳しい使用環境でお使い頂けます。また摩耗部、欠損部の肉盛再生にも適用可能です。

超硬金属溶射
超硬金属溶射

加工可能サイズ
ロール、パイプ状外面約2500L程度まで。
板上の場合1500×2000程度
処理可能な重量
1.5tまで
処理温度
250℃以下。溶射処理時の表面温度は瞬間的に180℃~220℃になります。
優れた特性
HV1400程度と高硬度で、耐摩耗性に優れます。
高速フレーム溶射により、密度、密着性に優れた皮膜が形成されます。
緻密な皮膜は、研削、研磨加工を後処理として行うことで鏡面に仕上げることも可能です。
此れまでに、ご使用頂いた用途例
ロータリーバルブのケーシングやインペラー、ロール肉盛再生、チャッキング部品
ガイドローラー、スライドテーブル
施工事例はこちらをご覧ください
母材
ほぼ全ての金属に対して処理可能ですが、HRCは62以下(母材が硬すぎると、下地処理ができないため)
注意点(処理による欠点等)
下地処理として行うショットブラストによって変形や反りが発生することがあります。
パイプの内面側などは内径が小さいと施工が困難です。
納期(数量、サイズによる異なる)
3週間程度
お問合せ