【複合処理】滑り性向上:マイクロディンプル処理+重合反応薄膜フッ素系コーティング

施工可能な母材の材質
金属系全般(超硬材は要相談) 樹脂系の施工も可能
詳細
マイクロディンプル処理は、金属系母材の表層に微細なディンプル状の凹形状を作ります。その上に、滑り性・非粘着性に優れる重合反応薄膜フッ素系コーティングを行います。
【複合処理】マイクロディンプル処理+重合反応薄膜フッ素系コーティング
補足
マイクロディンプル処理は、目に見えないほど小さな粒子を母材の表面にぶつけ、凹凸をつける処理です。また、マイクロディンプル処理自体は金属系母材の表面処理となるので母材との密着性を向上させます。
重合反応薄膜フッ素系コーティングは滑り性に優れていますが、樹脂系コーティングのため経年劣化で母材から剥がれるリスクがあります。マイクロディンプル処理は、重合反応薄膜フッ素系コーティングの短所を補います。
これらの複合処理により、相乗効果を発揮。滑り性がさらに向上します。
目的(性能)
ご使用実績
・半溶融樹脂の抜け性や滑り性が向上
・乾燥した粉体の付着抑制効果があがった
・樹脂金型のスプルブッシュの液切れが向上
・樹脂金型の製品の抜け性が向上
・充填ノズルの液の這い上がりを低減 
・乾燥された粉体の付着を低減 
耐熱温度
400℃まで
加工可能サイズ
1000*1000mm程度(形状などにより変動いたしますのでご相談ください)
処理温度
マイクロディンプル処理®は温度をかけませんが重合反応薄膜フッ素系コーティングは母材の材質の耐熱温度以内で熱をかけて、重合反応によるコーティングを行います。
納期
1個からでも対応できます。量産にも一部対応可能です。
マイクロディンプル処理®について
マイクロディンプル処理®は株式会社サーフテクノロジーの登録商標、特許技術です。
マイクロディンプル処理®のメディアは微粒子のため、母材の寸法変化がほぼなく、目的に合わせた基材表面に改質が可能で、「さらさら」な表面に仕上がります。
マイクロディンプル処理+常温フッ素樹脂コーティング
表面処理技術・サンプルピース製作
ご相談・お問い合せはメールフォームで承ります。
お客様のお困り事を詳しくお聞かせください。
表面処理技術の専門家が、丁寧に回答させていただきます。
お問合わせメールフォーム
ファイル送信をご希望の方はこちらへ

多くのお問い合せをいただいているため、ご返答までお時間を要する場合がございます。 何卒、ご了承頂ますようお願いいたします。

お電話でのご相談は、担当者の携帯電話へご連絡をお願いいたします。
(担当者が不在時には、折返しご連絡いたします。
ご迷惑をおかけいたしますが、ご協力いただきますようお願いいたします。)
お電話受付け
tel:080-3419-9229