DLC

加工技術の詳細
DLCとはダイヤモンドライクカーボンの略称です。
アモルファス(非晶質)構造の炭素薄膜を成膜します。PVD(物理蒸着)を用い高温下での成膜が一般的ですが、CVD(化学蒸着)により低温、常温での処理も可能です。ご使用目的に応じ水素を含有させたりさせなかったり、他の元素を含有させることも可能です。
また、DLC処理前に下処理としてWPC処理やブラストロン処理などをすることにより、点接点効果による更なる摩擦係数の低下による滑り性向上も可能です。

DLC

加工可能サイズ
形状や数量、母材材質により変動します。
優れた特性
硬さはビッカース硬さ相当で、1500~7000HVの範囲で様々な性質のDLCがございます。高硬度を活かした耐摩耗性に優れます。また摩擦係数がフッ素樹脂並みに低く、離形性にも優れています。
アルミ凝着を防止効果やガスバリア効果もあります。
此れまでに、ご使用頂いた用途例
ガイドレール、スライダー、搬送ガイド、CFRPロールおよびゴムロール(常温DLCロール形状のみ対応)
母材
ステンレス、SKD材、SKH材、超硬材、アルミ材一部など
注意点(処理による欠点等)
パイプなどの内面側への処理は困難です。PVDプロセスのDLCの場合熱変形の恐れがあります。
納期(数量、サイズによる異なる)
2週間程度
表面処理技術・サンプルピース製作
ご相談・お問い合せはメールフォームで承ります。
お客様のお困り事を詳しくお聞かせください。
表面処理技術の専門家が、丁寧に回答させていただきます。
お問合わせメールフォーム
ファイル送信をご希望の方はこちらへ

多くのお問い合せをいただいているため、ご返答までお時間を要する場合がございます。 何卒、ご了承頂ますようお願いいたします。

新型コロナウイルス感染症の拡大防止策として、テレワークを実施しています。
そのため、お電話でのご相談は、担当者の携帯電話へご連絡をお願いいたします。
(担当者が不在時には、折返しご連絡いたします。
ご迷惑をおかけいたしますが、ご協力頂ますようお願いいたします。)
お電話受付け
tel:080-3419-9229